一人暮らしの理想をはるかに上回る

貯金もたまり、念願の一人暮らしをしようと思う。そこで思いつく限りの条件を出してみた。一人暮らしの部屋探しの知識がなかったおかげで、見つかるまで3ヶ月もかかった。

一人暮らし用の下駄箱

待ちにまった連絡がきた、今週の土曜以降であれば中を見学できるとのこと。さっそく土曜日に見に行ってみた。ブルーのシートが取れて、グレーのタイル張りの外観が綺麗に見える。思い描いていた一人暮らし像よりも、ものすごくハイグレードな印象だ。ピッカピカの外観に圧倒される。室内に案内された。うっ、扉を開けた瞬間に新築特有のにおいがした。一人暮らし用なのに意外と下駄箱が大きかったのは驚いたが、使いやすくて良さそうだ。

一人暮らしなら食器棚も必要ない

ピッカピカのフローリングもすごくいい。お風呂とトイレもゆったり目で文句のつけようがない。クローゼットも思ったより奥行きと横幅あり、天井が高いので高さも十分で、これだけあれば一人暮らしの荷物は収まるだろう。キッチンもファミリーで使うような大さで、ちょっと大きすぎるくらいだ。キッチンの上にも備え付けの棚があるし、一人暮らしなら食器棚も必要ない。見ればみるほど希望通りの間取りなので、予想以上に大満足だった。

一人暮らし先の決定

天井が高く、窓も大きいので日の光がものすごく差し込んでくる。まぶしいくらいだから、晴れの日は電気は必要なさそうだ。一人暮らしの部屋の希望条件にはいれてなかったけど、室内洗濯機置き場も非常にいい。これなら寒い日もベランダでつらい思いをしなくて済みそうだ。よし一人暮らしするのはここに決めよう。営業マンに契約の手続きについて聞いてみた。ひとまず不動産会社に戻って話をするとのことなので、とりあえず戻っていった。