一人暮らしの為の貯金も減ってきた

貯金もたまり、念願の一人暮らしをしようと思う。そこで思いつく限りの条件を出してみた。一人暮らしの部屋探しの知識がなかったおかげで、見つかるまで3ヶ月もかかった。

一人暮らしの実感

それでは今後の契約手続きの説明に入りますね。あっ、まずは契約金の明細を持ってきますね。しばらくして明細書がでてきた。敷金2か月分、礼金が2か月分で、仲介手数料が1か月分と契約日からの日割り家賃、翌月の家賃がかかります。一人暮らしの初期費用はすごくかかるな、さすが新築マンション。準備していただく書類をご説明しますね。まず賃貸契約書ですね。ここまでくると、本当にもうすぐ一人暮らしするんだって実感が湧いてくる。

一人暮らし用の家電

こことここを書いていただいて、印鑑を押していただきます。保証人さんには実印を押してもらいます。あとは入居する方の、つまりあなた自身の住民票。保証人さんには実印を押してもらうので、その印鑑証明を用意してください。一人暮らしを始めるにも、色々と手続きがあって大変だな。これが終われば、部屋探しがおわるので、あとは電気・ガス・水道の名義変更だけすれば完了だ。一人暮らし用の家電を買い揃えに行かないといけないな。

一人暮らしの為の貯金も少なくなった

必要な家電はテレビ、冷蔵庫と洗濯機、掃除機くらいあればなんとか生活できるよな。電子レンジもやっぱり必要かな。ガスコンロとテーブルとカーテンも最初にいるよな。一人暮らしの契約金が高かったので、今すぐに必要なものだけ買い揃えて、少しずつふやしていくしかない。一人暮らしをする為に貯めていたお金も、だいぶ減ってしまったけど、まあなんとかやっていけるでしょう。あとはどれだけ早く、この生活に慣れるかが問題だな。